【体験談】秩父別の屋内遊技場”ちっくる”で遊んできた!

北海道秩父別町の屋内遊技場
キッズスクエアちっくるに行ってきました。

子どもがたっぷり遊べる無料施設ちっくるには、
どんな遊具があるのでしょうか?

娘たちの様子も合わせてご覧ください♪

スポンサードリンク



秩父別町にあるキッズスクエアちっくるとは?

秩父別温泉の向かいにある
キッズスクエアちっくるは、
国内最大級の屋内遊戯施設です。

遊べる時間は午前9時から午後5時まで
※夏場は午後6時まで

利用料金は無料です。

オープン時に来たときは
入場制限がかかるほど込み合っていましたが、
今は大分落ち着いたようですね。

待ち時間なく入ることができました。

ちっくるにはどんな遊具があるの?

それでは、
肝心の遊具をみていきましょう!

ネット広場

2階部分と3階部分に張られたネットの
広々とした空間!

下から見るとこんな感じ。

 

上から見るとこんな感じ。

大人でも上っていいのですが、
私は怖くて入れませんでした…。

長女は
「こわーい」と言いながらも、
楽しそうに何度も入っていました。

次女は、
前回は怖くて入れなかったけど、
今回は、
勇気を出して入ったようです。

「こわい~!」と言いながらも
目をキラキラさせていました。

3女は、
まだ一歩を踏み出す勇気はなかったみたい。

チューブスライダー

2階からの、ロングすべり台。

 

らせん階段を上ると

 

広々とした通路があり

 

その先に、
トンネル型のすべり台入り口があります。

子供達に大人気で、
3女も何回もすべっていました。

大人はすべることができないので、
私は娘に付き添うために
階段をのぼったりおりたり…。

クライミングウォール

天井にある、
まるいクッションのようなものは、押すと音が出ます。

それが楽しくて、
子供達は何度も挑戦していましたが

音を鳴らせたのは長女だけでした。

トランポリン

1階の中央にドンと置いてある
大きなトランポリン。

幼児スペース

幼児スペースでは、
ボールのプールやおままごとセットで遊ぶことができます。

「チューブスライダーが怖い」
という子には、
小さめすべり台も用意されています。

旭川のもりもりパークと比べてどう?

無料で遊べる屋内遊技場といえば、
当ブログでも紹介した、
旭川のもりもりパークがあります。

⇒旭川の【もりもりパーク】駐車場はどこ?無料って本当?

ここで、
もりもりパークとちっくるを比較してみましょう。

遊具の種類

遊具の種類は、
もりもりパークの方が充実してる印象ですが、
幼児向けの遊具が多い感じです。

ちっくるのロングすべり台や、
2~3階のネット広場は
ダイナミックに遊べるので、
少し大きい子達(小学生とか)の
満足度は高いかもしれません。

うちの子達は3人とも
どちらでも楽しそうに遊んでいたので、
遊具で優劣つけるのは難しい~。

駐車場・駐車料金

ちっくるは無料。
スポーツセンター前の駐車場と、
道路を渡った
秩父別温泉前の駐車場に止めることができます。

もりもりパークは3時間500円。
向かいのアッシュビルの駐車場を利用します。

食べ物の持ち込み

チックルは食べ物の持ち込みは禁止。

お菓子と飲み物の自販機があるので、
そこで買ったものにかぎり、
飲食スペース(休憩スペース?)で
食べることができます。

もりもりパークは、
飲食スペース内であれば、持ち込みも可能です。

※どちらも、
遊技スペースでの飲食は禁止。

 

ちっくるは
階段の上り下りがあるので、

目を離せない子がいる場合は、
親が大変かも…。

子どもたちは大満足!

私は末娘につきっきりで
階段を上ったり下りたりしていたので
かなり疲れました(汗)

でも、頑張ったかいあって
子どもたちは満足してくれたようです。

下の子がもう少し成長したら
私も休憩スペースでゆっくり過ごせるかな…。

スポンサードリンク



 

コメントを残す