【体験談】インフルエンザの異常行動?7歳娘の ケース

数年前に問題になった「インフルエンザの異常行動」
薬のせいなのか、熱のせいなのか…。

今回、7歳の娘がインフルエンザにかかり、異常行動を起こした体験談をおはなしします。

スポンサードリンク



インフルとは無縁だったこれまで

今年、7歳の娘がはじめてインフルエンザにかかってしまいました。

ちなみに、私はこれまでインフルエンザになった経験はなく、自分の親兄弟をはじめ、ほかの子どもたちもかかったことがありません。

そのせいか、毎年インフルエンザが流行ってもどこか他人事のような気さえしていたのです。

ワクチンも、その年によって打ったり打たなかったり…。
(ここ数年はまったく打っていませんでした)

ブログ管理人
ブログ管理人
私の妹たちとはよく、「うちはインフルにならない家系なんじゃない?」なんて冗談で話していたこともあるくらいでした。

7歳娘がはじめてインフルエンザに罹患

このように、いままで幸いにもインフルエンザと縁はなく、3人の子どもがいるにも関わらずインフルエンザ予防にも無頓着だった私ですが、今年はじめて娘がインフルエンザにかかったのです。

夜中、隣で寝ている娘の体が熱いな…と思いました。

これまでも、夜中に熱を出したことは何回もありますが、風邪や溶連菌、マイコプラズマなどで熱が出た時と比べて「いつもより熱い」と感じました。

数日前まで、インフルエンザが原因で学級閉鎖だったこともあり「ああ、インフルかな?」とは思ったものの、その時は娘もぐっすり寝ていたので、熱も測らず様子を見ることに。

 

インフルエンザにかかったことはなくても、熱で病院にいけばインフルの検査をすることはあるので、無知な私でも「インフルは熱が出てからすぐは、結果が陽性にならないこともある」というのは知っていました。

熱以外の症状もなく、娘が仮にインフルエンザであっても
すぐに病院へいく必要はないと判断。

でも…「検査結果が出るようになるのっていつからだっけ?」

肝心の、いつ病院に行くべきかというのがわかりませんでした(汗)

 

何時間後だっけ?12時間?24時間?????

 

そんな時こそスマホでさっと調べればいいのですが、私も眠気が勝ってしまい「どっちにしろ朝になってからだな」というわことで、ひとまず寝ることに。

(様子を見るんじゃなかったの?というツッコミはなしで…)

 

朝4時過ぎ、主人が起きて仕事に行く支度をはじめたので、私はお弁当を作りながら「娘ちゃん熱だわ。インフルかも」と伝えました。

病院いかなきゃだね
パパ
パパ
ブログ管理人
ブログ管理人
明日のお出かけムリかもね~

なんて会話を交わし、主人は仕事へ。

インフルの検査は熱が出てから12時間後!

主人が出かけてしばらくすると、娘が起きてきて「頭が痛い…」と言い出しました。

せっかく起きたので、一度熱を測ることに。
39度近くの熱がありました。

「頭痛い、熱い」と娘が訴えるので、おでこに冷えピタを貼ったり氷を口に入れてみたりしましたが、どれもお気に召さない様子。

 

私の手を娘のおでこに置くと、安心感があったのかやっと眠ってくれました。

それでも、朝起きるまでに「頭痛い…」と、何回か目を覚まし寝かしつける、というのを繰り返しました。

 

「お昼過ぎに病院に行こう!」そう思っていたけど、娘があまりにも頭を痛がるので一度病院に連絡してみることに。

電話口の看護師さんに「インフルの場合、熱がでてから12時間たたないと結果が出ない」と聞き、24時間じゃなくて12時間だったことを確認!

 

あとは、娘の頭痛に緊急性があるのかどうか…。

こればかりは、看護師さんに決めてもらうことはできないので私が判断するしかありません。

下の子たちを連れて病院へ行って、インフルの結果が出なければ一度帰って、また3人の子どもを連れて再受診しなくてはいけない…。

娘は痛がってはいるけど、緊急性があるわけではない気もする。

 

そこで私は、あることを試してみます。

 

「ねぇ、娘ちゃん。チョコレート食べる~?」

「…食べる!」

 

そして頭痛などなかったかのように、ケロッとして機嫌よくチョコを食べる娘。
(これは我慢できるな!)

 

頭痛は嘘じゃないんだろうけど、チョコで気がそらせるくらいだから昼までは我慢しても大丈夫と判断!

ただ食欲はないようで、朝はヨーグルトを少し食べただけでした。

検査結果はインフルB!症状は?

娘の発熱を確認してから約10時間。
だましだましもそろそろ限界になってきたので「12時間前」だけど病院へ行くことに。

 

病院へ行くと、インフルらしい患者さんが結構いて、ほかの患者さんとは別の場所で待たされます。

混んでるわりに、さほど待たず娘の順番がきて、いよいよ検査。

細長い綿棒を鼻に入れて鼻水を採取。
10分くらいで結果が出て「インフルBの陽性」と判明。

薬を処方してもらい、注意事項の説明を受け帰宅しました。

インフルエンザの異常行動!娘のケースは?

家に帰ってからは頭痛も治まり、熱以外の症状はとくにありませんでした。

ただ、やはり食欲がなく、熱でだるいせいか眠っては起きてを繰り返していました。

夜になっても熱が全く下がらなかったので、寝る前に病院で処方された解熱剤を服用して就寝。

 

途中起きることもなくぐっすり寝ていたのですが、夜中の2時ころ、娘が急に飛び起きたのです!

布団から飛び出て駆け出し、すぐそばにおいてあるソファに飛び乗ったのです。

(い…異常行動?)

その時、それまですっかり忘れていた、数年前のインフルによる子どもの異常行動のニュースを思い出しました。

 

当時は、ニュースを見て「子どもが飛び降りるまで親は何をやってたんだ」
なんて思ったものですが、(独身だったし、子育ての苦労も知らなかったし…)

仮にここが2階で窓を開けて寝ていたら、娘が飛び降りていた可能性もあるでしょう。

 

その後、うわごとのように「…がいない…」「…だと思うんだよね…」などとブツブツ何かをつぶやく様子は、わが子とはいえちょっと不気味(汗)

しばらくすると落ち着いて、再び眠ってくれました。

ブログ管理人
ブログ管理人
異常行動というより、寝ぼけてる感じもしたけど、寝起きであんなに俊敏に動けることが驚き…。

これが異常行動かもしれなくて、一歩間違えば娘も危険な目にあっていたかもしれない、そう思うとぞっとしますよね。

スポンサードリンク



 

コメントを残す